ロゴ作成メーカーの選び方とおすすめのロゴ作成メーカー

ロゴ10

ロゴを作成してみたいと考えていても、何から始めるのが良いか分からない人もいるでしょう。ロゴを作成するときに重要なポイントはロゴ作成メーカーの選び方です。何を基準に選ぶのかを知っていれば、自分に合ったロゴ作成メーカーを選びやすくなります。

そこで今回はおすすめのロゴ作成メーカーと選び方を紹介していきます。

『おすすめの和風ロゴ作成』

更新頻度の高さとカテゴリーを基準にロゴ作成メーカーを選ぶ

ロゴ作成メーカーを選ぶときに重要なポイントとなるのが更新頻度です。更新頻度が高い場合、頻繁に新しいテンプレートや素材が追加される可能性が高いと言えます。場合によっては流行に合わせたテンプレートが用意されるケースもあるため、ロゴ作成メーカーを選ぶときには更新頻度の高いものを選ぶのが良いでしょう。

今まで利用していたロゴ作成メーカーの更新頻度が落ちたと感じる場合は、別のロゴ作成メーカーを探してみましょう。ロゴ作成メーカーを選ぶ場合にはカテゴリーも重要なポイントとなります。例えばポップなデザインのロゴマークを作成したいと考えているのに、カッコイイデザインが中心のロゴ作成メーカーを選んでしまうのは良くないでしょう。

この場合であればポップなデザインが中心のロゴ作成メーカーを探すのが良いと言えます。業種で探すのも効果的な方法です。例えば食品メーカーのロゴマークを作りたいのであれば、食品に関連したテンプレートや素材が多いところを選びましょう。

使いやすさを重視して選ぶのも重要なポイント

ロゴ作成メーカーによっては操作性の悪いものも存在します。操作性が悪いと理想通りのデザインを作り上げるまでに時間がかかる可能性が高く、効率が良いとは言えません。特に空いた時間を使って素早くロゴマークを作成したいと考えている人には、操作性の悪さはマイナス要素となるでしょう。

そのためロゴ作成メーカーを選ぶときには使いやすさを重視するのも重要なポイントだと言えます。中には、パソコンの方が使いやすいものとスマートフォンの方が使いやすいものが存在します。普段からパソコンを使うことが多い人はパソコン向きのロゴ作成メーカーを選ぶのが良いでしょう。

スマートフォン向きのロゴ作成メーカーは趣味でロゴマークを作ってみたいという人にもおすすめです。

料金プランのチェックもしておこう

ロゴ13

ロゴ作成メーカーを選ぶ場合には、料金プランをチェックしておくのも必要なことだと言えます。基本的には無料でロゴマークを作成できるものが多いですが、無料の場合は使えるテンプレートや素材の種類が制限されているケースがあります。

完全無料のロゴ作成メーカーではない場合、有料プランのチェックもしておくと良いでしょう。自分の予算を考えながら、有料プランへの加入を検討してみるのも1つの方法だと言えます。ロゴ作成メーカーによっては無料トライアル期間を設けて有料サービスを利用できるようにしているものもあります。

有料プランに興味がある場合は、無料トライアルで有料サービスを体験してみるのも良いでしょう。

業種に合ったロゴデザインを作成したいのであればLogoGarden

自社のイメージに合ったロゴを作成したいという方もいるでしょう。そのような場合には「LogoGarden」を利用してみるのが良いと言えます。LogoGardenでは業種を選択することで、業種に合った数種類のデザインを提示してくれます。

その提示してくれたデザインの中から好きなものを選択した後、文字を追加することでオリジナルのロゴマークが作成できます。文字の位置やサイズ、フォントカラーといったものを自由に選択できるため、自分だけのオリジナルのロゴマークが作りやすいでしょう。

シンプルなデザインが多いので、派手なデザインを作りたい人よりも落ち着いたデザインを作りたい人に向いているロゴ作成メーカーだと言えます。全ての文字が英語で書かれているため、英語が苦手な人には利用しにくいかもしれません。

どうしてもこのロゴ作成メーカーを使いたいのであれば、翻訳ツールを使うのも良いでしょう。有料登録を行っていれば名刺やTシャツ、スマホケースなどのデザインもできるようになります。自分が作成したロゴマークを使って名刺やTシャツ、スマホケースなども作りたい人は有料登録を行っておくのがおすすめです。

『ロゴの作成はシンプルなものがオススメ!その理由とは?!』

複雑な操作が苦手な人におすすめ!ONLINE LOGO MAKER

複雑な操作が苦手な人におすすめなのが、「ONLINE LOGO MAKER」です。このロゴ作成メーカーは直感的な操作を行うだけで簡単にロゴマークが作成できるのが魅力的なポイントだと言えます。フォントや素材の種類が豊富であるため、オリジナリティーの高いロゴマークが作りやすいというメリットがあります。

簡単な操作でオリジナルのロゴマークが作れるため、時間に余裕がない人でも空き時間を使ってロゴマークが作成できます。プレミアム会員に登録すれば、解像度の高いロゴマークが作れるでしょう。クオリティーの高いロゴマークを作ってみたい人は、プレミアム会員への登録を検討してみるのが良いと言えます。

『明朝体を使用したロゴ作成のすすめ』

ポップなデザインを作成したい場合はCoolText

CoolTextは124種類のロゴスタイルと1900種類のフォントが用意されているのが特徴です。124種類あるロゴスタイルの中から自分の好きなものを選びます。その後、文字を入力することによって、その文字を自分が選んだロゴスタイルに変換してくれます。

ロゴスタイルとフォントの組み合わせを変えるだけでなく、文字のサイズを変更することでオリジナリティーを高めることができます。スタイルの色や影のサイズ、フォントカラーといった細かい部分の設定も可能であるため、自分の理想とするデザインへとアレンジしやすいでしょう。

ロゴスタイルとフォントのデザインはポップなものが多いため、ポップなデザインが好きな人におすすめです。全てのサービスを無料で利用できるため、予算に余裕のない人には適したロゴ作成メーカーだと言えます。

自動的にロゴが作成できる!LOGASTER

LOGASTERは画面に表示されている案内に従っていくだけで、自動的にプロレベルのロゴを作成してくれるロゴ作成メーカーです。企業名の入力や業種の選択といった作業を行うだけでロゴが作れるため、誰でも簡単にロゴ作成が行えるでしょう。

難しい作業が必要なく自動的にロゴを作成できるので、短い時間でロゴを作りたい人に適しています。スモールサイズであれば無料でロゴ作成が行えるので、お試し感覚でスモールサイズのロゴを作ってみるのも良いでしょう。

自分に合ったロゴ作成メーカーを選ぶことでオリジナルのロゴマークが作りやすくなる!

ロゴ19

今回紹介した選び方を参考にしながら、自分に合ったロゴ作成メーカーを探してみましょう。特に更新頻度の高さはロゴ作成メーカーを選ぶときに重要なポイントとなります。更新頻度の高いロゴ作成メーカーを使うことで、流行を先取りしたロゴマークの作成も可能になるでしょう。

自分に合ったロゴ作成メーカーを駆使して、オリジナリティーの高いロゴマークを作ってみましょう。