おすすめの和風ロゴ作成

ロゴ1

新しく店をオープンしたいときや、イベントを開きたいときには印象的なロゴが効果を発揮します。ロゴと一言で言っても様々なタイプがあります。どんなロゴが良いか迷ったときには、和風テイストを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

そこで、和風ロゴを使うことのメリットや注意点、無料で作成する方法について解説します。

『売り上げが上がる!ロゴの作成がオススメな理由』

ロゴの効果

そもそもなぜロゴが必要なのかというと、それは一目でどの企業なのか、どのサービスなのかがわかるためです。たとえば、携帯電話の裏にかじられた跡があるリンゴのマークが描かれていた場合、それを見た人はすぐにApple社が作ったものだということがわかりますし、ドライブをしていて遠目に赤地に黄色いMの文字が見えるだけで、そこにマクドナルドがあることを理解します。

このようにロゴは、利用者に対して自分の存在をアピールする効果があるのです。新規で会社を立ち上げた場合、早く周囲に覚えてもらう必要があります。そして、ロゴは企業のイメージを定着させる効果もあります。また、イベントやサービスなどでもロゴを使うことで知名度が上がっていきます。

印象的なロゴを作成すればするほど効果を発揮するのです。和風のロゴは日本人の持つ誠実さや勤勉さ、そして奥ゆかしさをアピールするためにはピッタリです。また、外国からの観光客に向けて日本文化のイベントや交流会を開くときにも和風のロゴだとアピールしやすく印象にも残りやすいのです。

ロゴは、言語が通じない海外の人にも効果的なのです。

和風ロゴの魅力

和風のロゴの魅力は、そのバリエーションの豊かさです。他の国と日本の違いは、1つの言葉で様々な表現ができることです。漢字と平仮名、そしてカタカナの3つを使って、それぞれ違った印象を相手に抱かせます。たとえば、漢字にすると近寄りがたいイメージになるものの、平仮名やカタカナにすると、グッと親しみやすくなります。

また、市松模様や唐草模様などの和柄を組み合わせることにより、日本らしいイメージを持たせることもできます。和風のロゴにすることで、グッと表現の幅を広げることができるのです。

手書きで和風ロゴの作成

手書きで和風ロゴの作成をしたいが、難しそうで無理だと考えている人もいるでしょう。ですが、ロゴ作成は難しいものではありません。コツさえ掴めば誰でも簡単にロゴを作成することができます。

まず、具体的なイメージを簡単でもいいので紙に全体像を描きます。企業の名前を全面的に出すのなら、毛筆体にするのか、それとも明朝体やゴシック体にするのかを決めることが大切ですし、和柄をモチーフにするときには、形や色、それに配置などを考えます。

このまま手書きですべてを完成させてもいいですし、パソコンで更にアレンジを加えることで独特なロゴも作成できます。

『明朝体を使用したロゴ作成のすすめ』

「色紙」で筆文字の和風ロゴを作成

「色紙」は、まるで書道家が書いたような、流れるような筆文字が書ける無料アプリです。日本語だけではなく、英語やイタリア語、またはヘブライ語などあらゆる文字を毛筆体で表現することが可能です。使い方も至って簡単で、まずはApp Storeから無料のアプリをダウンロードします。

後は、文字入力画面に好きな文字を書きます。後は加工をするだけです。台紙や色の変更もできるので、自分好みのロゴがすぐに完成します。

「CREATE」で高度なデザインの和風ロゴを作成

高度なデザインを手軽に描きたいというときに大活躍してくれるのが、「CREATE」という無料アプリです。グラフィックデザインや斬新なデザインがすぐに描けるので、アイデアをすぐに形にしたい人にはピッタリです。

文字や画像、写真を簡単に加工できるのも魅力的ですし、文字の調節機能が充実しているのでロゴ作成にはピッタリです。万が一、わからないことがあったときには上部にある?マークを押すと、細かいガイドを受けることが可能なので、初心者でも安心して和風ロゴが作成できます。

『ロゴの作成はシンプルなものがオススメ!その理由とは?!』

ココナラでプロのデザイナーに和風ロゴを依頼

和風ロゴを作成したいけれど、アイデアも浮かばないし、何から始めていいのかわからないというときには、ココナラでプロに依頼するという方法もあります。ココナラというのは、様々なスキルがオンライン上で売買できるサイトです。

色々なデザイナーが登録しているので、簡単にプロにロゴ作成を依頼することができます。デザイナーを決めたら、理想のイメージを伝えるだけで、和風の素敵なロゴを作成してもらうことができます。料金はデザイナーによって違いがあるので、事前の確認を怠らないようにしましょう。

プロによるデザインを手軽に依頼することができるので、デザインに困ったときにはおすすめのサイトです。

和風ロゴを作成するときのコツ

和風のロゴを作成するときのコツは、企業のイメージとデザインを合わせることです。たとえば、女性をターゲットにした商品やサービスなどのロゴを作成するときには、曲線や平仮名など、丸みを帯びたデザインを積極的に取り入れたり、男性をターゲットにしている場合は、力強い文字にすることで、ターゲットの客層に響くロゴが作成できます。

また、昔からある和柄を組み合わせてアレンジすることで、幅広い世代にアピールすることもできます。

『ロゴ作成メーカーの選び方とおすすめのロゴ作成メーカー』

和風ロゴを作成するときの注意点

ロゴ6

和風のロゴを作成するときの注意点は、オリジナリティを出せるかどうかです。海外の観光客を視野に入れて、和風のロゴを採用する企業もあるため、オリジナリティを出すことはかなり難しいです。

様々な企業のロゴを参考にして、自分だけのロゴを作成しましょう。ロゴ作成のときに注意しなくてはならないのは、著作権についてです。すでに別の企業が使用しているロゴと似ている場合は、著作権を侵害していると誤解されてしまう可能性もあります。

著作権を侵害した場合には使用が差止めとなってしまうので、作成するときには注意しましょう。自分が作成したロゴが著作権を侵害していないか心配なときには、著作権を調べることができるサイトやツールを使って確認してから使用するようにしましょう。

和風ロゴで個性をアピール

日本らしい和風の要素を取り入れたロゴは、自分に合ったアプリなどを利用すると、簡単に作成することができます。また、サイトを通じてお気に入りのデザイナーに依頼するという方法もあります。ロゴは企業のイメージを左右する重要なアイテムです。

利用者の印象に残るような、個性的な和風ロゴを作成して、企業の魅力をアピールしましょう。